記事一覧

梅花の宴が開催されます!

市民遺産第5号「万葉集つくし歌壇」の育成活動のうちで
一大イベントとも言える、
『大宰府万葉 梅花の宴』が開催されます。

ファイル 92-1.jpg

天平2年(730)、大宰府帥・大伴旅人が
九州内の官人らを自邸に招いて、
梅を愛でながら歌会をひらきました。
万葉集にはその時に詠まれた32首の歌が
おさめられており、
この歌会を「梅花の歌会」や「梅花の宴」といいます。

育成団体の大宰府万葉会によるこの行事は
今年で19回目を数えます。

大宰府万葉会お手製の万葉衣装を身にまとった参加者が
当時歌われた歌を朗唱し、梅花の宴を再現します。

朗唱の参加募集は締め切りましたが、
どなたでも無料で観覧できます。

午前中は、景品ありの万葉かるた大会も開催されます。

ぜひ、万葉の世界を体感しに、
足をお運びください。

日時 平成27年2月15日 10:30~16:30
場所 太宰府館(太宰府市宰府3丁目2-3)
問い合わせTEL092-918-8700(太宰府館)

六弁の梅が開花しました!

しめ縄が新調され、新年を迎えた「隈麿公のお墓」(太宰府市民遺産第7号)。

ファイル 91-1.jpg

隈麿は、菅原道真が大宰府へ下向した際に連れてきた幼い息子で、
食べるものもままならない苦しい生活の末、大宰府に来た翌年、病のために亡くなってしまいました。

愛する我が子を失った悲しみを、道真は漢詩「秋夜」に詠んでいます。

隈麿の墓は、道真たちが暮らした南館があった榎社から200m東の小高い丘にあり、地元の榎区の住民によって世話が続けられています。
そんな隈麿墓の傍らにある梅の木が、早くも花を咲かせています。

ファイル 91-2.jpg

ファイル 91-3.jpg
(2015年1月8日撮影)

この梅の木は、昔から隈麿墓の横に植えられており、通常は五弁が多い梅の花のなか、六弁の花をつけることから「六弁の梅」と呼ばれています。

(なお、この木につくすべての花が六弁なのではなく、五弁の花のなかにチラホラと六弁のものが見られます。)

太宰府天満宮の飛梅がどこよりも早く咲くと言われていますが、この六弁の梅がさらに早く花を咲かせます。

近くに案内板がないため、よく、場所がわかりにくいと言われていましたが、この度、地元自治会によって入り口に看板が付けられました。ファイル 91-4.jpg

満開まではもうしばらくかかりますが、ぜひ、六弁の梅の花を見に、現地をお訪ねください(^ ^)

■隈麿公へのアクセス
最寄:西鉄二日市駅
ファイル 91-5.jpg

音楽祭で、「時の記念日の歌」が歌われました。

12月14日、第3回太宰府市民音楽祭が開催され、
市民遺産第6号「太宰府における時の記念日の行事」で
毎回歌われている、
「時の記念日の歌」
「水城村の地勢」
「水城小学校校歌」などが
合唱されました。
ファイル 90-1.jpg
合唱は、この音楽祭のために結成された「太宰府・水城を歌う会」で、メンバーには、育成団体の「辰山会(ときやまかい)」の方々も入っています。

ファイル 90-2.jpg
「水城村の地勢」の合唱では、昔、学芸会でおこなわれていたように、
歌に合わせて地図を指さす演出もありました。

時の記念日の行事は、毎年6月10日、
朝6時10分より、大宰府政庁跡で行われています。

☆第5回景観・市民遺産会議 開催のお知らせ☆

次回の市民遺産認定の会議(第5回太宰府市景観・市民遺産会議)の開催内容について、お知らせします!!

■第5回太宰府市景観・市民遺産
日時:平成27年2月21日(土) 午後1時~4時過ぎ
会場:九州国立博物館ミュージアムホール
備考:入場無料・事前申し込み不要です。

主なプログラム:

○だざいふ景観賞表彰式
○認定太宰府市民遺産の育成活動報告
○市民遺産候補の提案(2件)
○筑前琵琶演奏(出演:寺田蝶美さん)
○市民遺産認定書授与式(※)

※提案された市民遺産候補が認定された場合のみ実施します。

関連イベント
○太宰府市民遺産ポスターセッション(会場入り口にて)

●問い合わせ先
景観・市民遺産会議事務局(太宰府市教育委員会文化財課)
〒818-0918 太宰府市観世音寺1丁目1-1
TEL092-921-2121(内線472)
FAX092-921-3667

「遠の朝廷大宰府~万葉へのいざない~」が開催されました

市民遺産第5号「万葉集つくし歌壇」の育成団体・大宰府万葉会による
水城築造1350年と太宰府館10周年記念の講演会が開催されました!

ファイル 88-2.jpg
坂本信幸先生「遠の朝廷の歌々」

ファイル 88-1.jpg
佐佐木幸綱先生「防人の歌を読む」

大宰府万葉会と太宰府中学校2年生の生徒による、
「防人の歌語り」
ファイル 88-4.jpg
ファイル 88-5.jpg
今回のために、新たに防人の衣装が製作されました。
大宰府万葉会のメンバーは着物を着て、防人の母や妻として気持ちを詠いました。

西校区合同文化祭「くくりん祭」で、パネル展示をします。

10月26日(日)に開催される太宰府市の西小校区合同の文化祭「くくりん祭」にて、
太宰府市民遺産パネル展と市民遺産クイズを行ないます。

■くくりん祭
日時 10月26日(日) 9:00~15:00
場所 太宰府西小学校(太宰府市大佐野4丁目6−30)

市民遺産クイズにご参加いただいた方は先着で景品が当たるくじに挑戦いただけます。
ぜひ、お越しください。

「遠の朝廷大宰府~万葉へのいざない~」開催のお知らせ

ファイル 85-1.jpg

太宰府市民遺産第5号「万葉集つくし歌壇」に関連する講演会が、
育成団体の大宰府万葉会によって開催されます。
水城築造1350年を記念して、防人をテーマとした内容です。

「遠の朝廷(とおのみかど)大宰府~万葉へのいざない~」
日時 平成26年11月8日(土) 13時~16時半(開場12時半)
会場 太宰府館まほろばホール(太宰府市宰府3丁目2-3)
内容 講演:「防人の歌を読む」 
    講師 佐佐木幸綱先生(歌人、国文学者、早稲田大学名誉教授)
   講演:「遠の朝廷の歌々」 
    講師 坂本信幸先生(高岡市万葉歴史館館長、奈良女子大学名誉教授)
   歌語り:「防人の歌語り」 大宰府万葉会
 
備考 定員150名。受講料:2,000円
■参加申し込み方法
 太宰府館あてに、電話またはFAXにて氏名・住所・電話番号を添えてお申し込みください。
     (電話番号092-918-8700/FAX092-918-8701)
※定員になり次第締め切ります。
ファイル 85-2.jpg

こちらもご覧ください→遠の朝廷大宰府~万葉へのいざない~