記事一覧

時の記念日の行事のお知らせ

市民遺産第6号「太宰府における時の記念日の行事」のメインイベント、時の記念日の行事が開催されます。
ファイル 99-1.jpg
かつて、6月10日の時の記念日に、水城小学校の生徒たちが朝早く決められた時刻に時計を持たずに都府楼跡に集合する「時の記念日の行事」が行われていました。一時途絶えていましたが、平成元年に卒業生たちによって再開されました。当時歌われていた「時の記念日の歌」や「水城村の地勢」を合唱します。

「時の記念日の行事」
日時 6月10日(水) 午前6時10分開始
場所 都府楼跡(大宰府政庁跡)
備考 事前申し込み不要。
※当日、市民遺産育成団体の辰山会(ときやまかい)が活動資金の募金を集めますのでご協力をお願いします。

博多どんたく港まつりでパレードします。

今年も博多どんたく港まつりにて、太宰府市によるどんたく隊「まほろばの里どんたく隊」がパレードに参加します。

市民遺産「万葉集つくし歌壇」の世界を表現し、
育成団体の大宰府万葉会と共に万葉衣装を着て
博多の町をパレードしますので、ぜひご覧ください!
※雨天の場合は衣装が変わります。

参加日時 平成27年5月3日(日) 14時半~15時頃

ファイル 100-1.jpgファイル 100-2.jpg
(昨年のようす)

詳しくは、博多どんたく公式HPをご確認ください。
http://www.dontaku.fukunet.or.jp/

市民遺産第10号「太宰府の梅上げ行事」関連講演会

今年2月21日に開催された第5回太宰府市景観・市民遺産会議で新たに認定された市民遺産「太宰府の梅上げ行事」に関する講演会が開かれます。
詳しくは、講演会開催団体の「太宰府を語る会」にお問い合わせください。

■太宰府講演会「太宰府特有の梅上げ行事」
講師 木村 敏美(太宰府を語る会)
日時 平成27年5月30日(土) 午後2時~4時
場所 太宰府市いきいき情報センター210号室
受講料 500円(太宰府を語る会会員は100円)

問い合わせ先 太宰府を語る会092-922-4277

5月の万葉歌碑めぐりのお知らせ

太宰府市民遺産第5号「万葉集つくし歌壇」の育成活動のひとつ、
育成団体の大宰府万葉会による万葉歌碑めぐりのお知らせです。

ファイル 97-1.jpg

日時 平成27年5月10日(日) 午前10時20分(出発)
集合場所 太宰府館(太宰府市宰府三丁目2番3号)
集合時間 午前10時10分
参加費 500円
備考 昼食持参

コース
太宰府館→大町公園→政庁跡→近隣公園→菅原神社跡→般若寺跡周辺

問い合わせ先 太宰府館(092)918-8700

「隈麿公のお墓」春まつり開催のお知らせ

市民遺産第7号「隈麿公のお墓」では、4月15日と7月15日にそれぞれ春まつりと夏まつりが、太宰府天満宮によって行われています。

▼昨年の春まつりのようす
ファイル 96-1.jpgお参りをするトリさん(左)と榎文化保存会会長・大槻さん

ファイル 96-2.jpgどなたでもご参加いただけます。

当日は太宰府天満宮の神職が来られ、お墓の前で祝詞をあげ、
参席者が榊をお供えしてお参りします。

日時:4月15日(水) 午前10時頃~ (30分ほど)
場所:隈麿公墓前(太宰府市朱雀3丁目8-27 納骨堂横)
最寄駅:西鉄二日市駅。東口から徒歩7分程度。

▼周辺地図
ファイル 96-3.jpg

4月の歌碑めぐりのお知らせ

ファイル 95-1.jpg

市民遺産第5号「万葉集つくし歌壇」の育成活動のひとつ、大宰府万葉会による万葉歌碑めぐりは、主に毎月第1日曜日に開催されています。

4月の歌碑めぐりでは、桜の花も楽しみながら歌碑めぐりをします。

■万葉歌碑めぐり
日時 4月5日(日) 10時~
集合時間 9時50分
集合場所 西鉄都府楼前駅
参加費 500円+100円(まほろば号乗車賃)
備考 各自で昼食をご用意ください。

3月14日(土)、初老梅上げのお知らせ

新認定された市民遺産第10号「太宰府の梅上げ行事」は、
毎年3月に行われる還暦の男女と初老の男性による
太宰府天満宮への献梅行事を伝えるものです。

ファイル 93-1.jpg

行事の当日は、そろいの赤い法被を着た参加者が、
道すがらの人々に厄払いの紅白餅を配りながら
梅の木を引いた牛を先頭に賑やかなお囃子と共に
五条から太宰府天満宮までを練り歩きます。

ファイル 93-2.jpg

沿道の家々では、梅上げの人々を酒やつまみでお接待します。
ファイル 93-3.jpg

3月14日(土)、初老の梅上げが開催されます!

当日、梅上げの隊列は、12:45に太宰府市商工会館を出発し、
どんかん道、さいふまいりの道、太宰府天満宮参道を通って
16:00頃に太宰府天満宮境内に到着予定です。

ぜひ、この時期ならではの太宰府の梅上げ行事をご見学ください。
育成団体の“太宰府梅ばやし隊”は、お囃子でこの行事を盛り上げます。
ファイル 93-4.jpg

※写真は、今年3月7日の還暦の梅上げのようすです。