記事一覧

「遠の朝廷大宰府~万葉へのいざない~」が開催されました

市民遺産第5号「万葉集つくし歌壇」の育成団体・大宰府万葉会による
水城築造1350年と太宰府館10周年記念の講演会が開催されました!

ファイル 88-2.jpg
坂本信幸先生「遠の朝廷の歌々」

ファイル 88-1.jpg
佐佐木幸綱先生「防人の歌を読む」

大宰府万葉会と太宰府中学校2年生の生徒による、
「防人の歌語り」
ファイル 88-4.jpg
ファイル 88-5.jpg
今回のために、新たに防人の衣装が製作されました。
大宰府万葉会のメンバーは着物を着て、防人の母や妻として気持ちを詠いました。

西校区合同文化祭「くくりん祭」で、パネル展示をします。

10月26日(日)に開催される太宰府市の西小校区合同の文化祭「くくりん祭」にて、
太宰府市民遺産パネル展と市民遺産クイズを行ないます。

■くくりん祭
日時 10月26日(日) 9:00~15:00
場所 太宰府西小学校(太宰府市大佐野4丁目6−30)

市民遺産クイズにご参加いただいた方は先着で景品が当たるくじに挑戦いただけます。
ぜひ、お越しください。

「遠の朝廷大宰府~万葉へのいざない~」開催のお知らせ

ファイル 85-1.jpg

太宰府市民遺産第5号「万葉集つくし歌壇」に関連する講演会が、
育成団体の大宰府万葉会によって開催されます。
水城築造1350年を記念して、防人をテーマとした内容です。

「遠の朝廷(とおのみかど)大宰府~万葉へのいざない~」
日時 平成26年11月8日(土) 13時~16時半(開場12時半)
会場 太宰府館まほろばホール(太宰府市宰府3丁目2-3)
内容 講演:「防人の歌を読む」 
    講師 佐佐木幸綱先生(歌人、国文学者、早稲田大学名誉教授)
   講演:「遠の朝廷の歌々」 
    講師 坂本信幸先生(高岡市万葉歴史館館長、奈良女子大学名誉教授)
   歌語り:「防人の歌語り」 大宰府万葉会
 
備考 定員150名。受講料:2,000円
■参加申し込み方法
 太宰府館あてに、電話またはFAXにて氏名・住所・電話番号を添えてお申し込みください。
     (電話番号092-918-8700/FAX092-918-8701)
※定員になり次第締め切ります。
ファイル 85-2.jpg

こちらもご覧ください→遠の朝廷大宰府~万葉へのいざない~

八朔の千燈明の準備

9月1日におこなう市民遺産第2号「八朔の千燈明」の行事の準備が、
8月28日に五条公民館でおこなわれました。

ファイル 87-1.jpg

ファイル 87-2.jpg

用意された灯明は、300個です。

また、今年はのぼり旗が作られました。
ファイル 87-3.jpg

八朔の千燈明は、9月1日、19時に五条公民館を出発したのち、20時頃に太宰府天満宮の楼門前で行われます。

講演会「苅萱道心と石堂丸の伝説」開催のご案内

現在、太宰府市文化ふれあい館の多目的ホールにて開催中の太宰府市民遺産展の関連イベントとして、下記の講演会を開催します。

今年3月に新たに市民遺産に加わった「苅萱の関跡とかるかや物語」に関連する講演です。

■講演会「苅萱道心と石堂丸の伝説」
講師:弓削淳一(福岡市立香椎第1中学校指導教諭/九州大学大学院博士後期課程)
日時:平成26年8月30日(土)14:00~16:00
場所:太宰府市文化ふれあい館(太宰府市国分4丁目9-1)
備考:無料。当日申込可※

※資料の準備の都合上、事前に参加のご連絡をいただけると助かります。
問い合わせ先:太宰府市教育委員会文化財課
       TEL092-921-2121(内線470)
       FAX092-921-3667

体験講座「太宰府の木うそ」を開催しました。

8月24日(日)、太宰府市民遺産展の関連イベントとして、市民遺産育成団体・太宰府木うそ保存会による体験講座「太宰府の木うそ」が開催されました。

ファイル 82-1.jpg
まずは、展示スペースにてギャラリートーク

ファイル 82-2.jpg
次いで、実習室にてスライドを使用しての説明

そして、いよいよ木うそ作り体験!

ファイル 82-3.jpg
大きな鑿(ノミ)にドキドキしながら、木うその羽根のカールを削り上げます。

ファイル 82-4.jpg
子どもも大人も、木うそ作りに集中。
保存会の方々のお手伝いのもと、無事、自分の木うそを作り上げました。

●太宰府木うそ保存会では、毎月第2日曜日に太宰府館(太宰府市宰府3丁目2-3)で木うその絵付け体験を開催しています。【事前申込不要】

太宰府市民遺産展オープニングイベントが開催されました。

7月19日から、太宰府市文化ふれあい館を会場に「太宰府市民遺産展」が始まっています。
このオープニングイベントを、7月21日(月・海の日)に開催しました。

ファイル 80-1.jpg

開会行事のほかに、今回は、新認定された市民遺産「苅萱の関跡とかるかや物語」にちなみ、能楽師の方をお招きして能「苅萱」についての特別講演をしていただきました。

ファイル 80-2.jpg

講師をしていただいた観世流シテ方の今村嘉太郎(よしたろう)さん・哲朗さんご兄弟は、ともに大阪で修行をされたのち平成22年に独立。
兄・嘉太郎さんは福岡を中心に、弟・哲朗さんは関西を中心にご活躍中です。

今村嘉太郎公式サイト