記事一覧

八朔の千燈明の準備

9月1日におこなう市民遺産第2号「八朔の千燈明」の行事の準備が、
8月28日に五条公民館でおこなわれました。

ファイル 87-1.jpg

ファイル 87-2.jpg

用意された灯明は、300個です。

また、今年はのぼり旗が作られました。
ファイル 87-3.jpg

八朔の千燈明は、9月1日、19時に五条公民館を出発したのち、20時頃に太宰府天満宮の楼門前で行われます。

講演会「苅萱道心と石堂丸の伝説」開催のご案内

現在、太宰府市文化ふれあい館の多目的ホールにて開催中の太宰府市民遺産展の関連イベントとして、下記の講演会を開催します。

今年3月に新たに市民遺産に加わった「苅萱の関跡とかるかや物語」に関連する講演です。

■講演会「苅萱道心と石堂丸の伝説」
講師:弓削淳一(福岡市立香椎第1中学校指導教諭/九州大学大学院博士後期課程)
日時:平成26年8月30日(土)14:00~16:00
場所:太宰府市文化ふれあい館(太宰府市国分4丁目9-1)
備考:無料。当日申込可※

※資料の準備の都合上、事前に参加のご連絡をいただけると助かります。
問い合わせ先:太宰府市教育委員会文化財課
       TEL092-921-2121(内線470)
       FAX092-921-3667

体験講座「太宰府の木うそ」を開催しました。

8月24日(日)、太宰府市民遺産展の関連イベントとして、市民遺産育成団体・太宰府木うそ保存会による体験講座「太宰府の木うそ」が開催されました。

ファイル 82-1.jpg
まずは、展示スペースにてギャラリートーク

ファイル 82-2.jpg
次いで、実習室にてスライドを使用しての説明

そして、いよいよ木うそ作り体験!

ファイル 82-3.jpg
大きな鑿(ノミ)にドキドキしながら、木うその羽根のカールを削り上げます。

ファイル 82-4.jpg
子どもも大人も、木うそ作りに集中。
保存会の方々のお手伝いのもと、無事、自分の木うそを作り上げました。

●太宰府木うそ保存会では、毎月第2日曜日に太宰府館(太宰府市宰府3丁目2-3)で木うその絵付け体験を開催しています。【事前申込不要】

太宰府市民遺産展オープニングイベントが開催されました。

7月19日から、太宰府市文化ふれあい館を会場に「太宰府市民遺産展」が始まっています。
このオープニングイベントを、7月21日(月・海の日)に開催しました。

ファイル 80-1.jpg

開会行事のほかに、今回は、新認定された市民遺産「苅萱の関跡とかるかや物語」にちなみ、能楽師の方をお招きして能「苅萱」についての特別講演をしていただきました。

ファイル 80-2.jpg

講師をしていただいた観世流シテ方の今村嘉太郎(よしたろう)さん・哲朗さんご兄弟は、ともに大阪で修行をされたのち平成22年に独立。
兄・嘉太郎さんは福岡を中心に、弟・哲朗さんは関西を中心にご活躍中です。

今村嘉太郎公式サイト

山笠の下で万葉集を朗詠しました。

2014年7月5日、西鉄ソラリアプラザ1階の特設ステージで、
大宰府万葉会による万葉集の朗詠イベントが開催されました。

ファイル 79-1.jpg

今年の十四番山笠ソラリアの見送り「大宰府花咲筑紫万葉(だざいふにはなさくつくしまんよう)」にちなんで、
大伴旅人が大宰府に赴任して都へ戻るまでの間の歌がたりを行いました。
大宰府万葉会のメンバーに太宰府市役所の職員有志が加わって、山笠に負けない美しい万葉衣装でとても華やかな舞台となりました。

ファイル 79-2.jpg

同じ会場で、太宰府市民遺産「万葉集つくし歌壇」を紹介するミニ展示も行ないました。

万葉集筑紫歌壇の飾り山笠が奉納!

7月に入り、博多のまちは山笠ムード一色です。

今回、西日本鉄道株式会社さんが奉納する山笠の題材に、万葉集筑紫歌壇が採用されました。
7月1日(火)~14日(月)の間、西鉄ソラリアプラザ1階イベント広場に展示されています。

ファイル 78-1.jpg
ファイル 78-2.jpg

また、これに合わせて、飾り山の下で市民遺産「万葉集つくし歌壇」の紹介をする展示と、育成団体の大宰府万葉会によるイベントが企画されています。

●「筑紫歌壇朗詠会 梅花の宴」
日時:7月5日(土)16時~
場所:ソラリアプラザ1階イベント広場(福岡市中央区)

6月10日は時の記念日

6月10日は「時の記念日」です。

「時の記念日」は、「時を守り、欧米並みの生活改善・合理化を図ろう」という主旨のもと、大正9年(1920)に制定されました。
翌大正10年からは、全国各地で記念行事が開始します。

ここ太宰府においても、奈良時代に漏刻(水時計)が設置されていた辰山(月山・ときやま)を望む都府楼跡にて、式典が行われました。
その後、小学校の行事として、朝、決められた時刻に都府楼跡に時計を持たずに集合する行事が行われていました。

今も、当時行事に参加していた水城小学校の卒業生を中心に結成された育成団体・辰山会(ときやまかい)によって、行事が続けられています。
太宰府市民遺産第6号「太宰府における時の記念日の行事」です。

■時の記念日の行事
日時 平成26年6月10日(火) AM6:10~
場所 大宰府政庁跡(雨天の場合は観世音寺公民館)
備考 当日、行事の開催資金として、辰山会が募金を集めていますのでご協力をお願いします。

ファイル 77-1.jpg
昨年の行事のようす