記事一覧

万葉歌碑の除幕式

太宰府市民遺産第5号「万葉集つくし歌壇」を育成する大宰府万葉会が、
太宰府市市制施行30周年を記念して万葉歌碑を建立し、
本日、その除幕式が行われました。

ファイル 38-1.jpg

ファイル 38-2.jpg

今回建てられた歌碑は、

「大君の 遠(とお)の朝廷(みかど)と あり通ふ

  島門(しまと)を見れば 神代(かみよ)し思ほゆ」

               (萬葉集巻第三、304)

 柿本朝臣人麻呂が、筑紫国へ赴く時に、海路において詠んだ歌で、
「大君の遠く離れた政庁として通い続ける 
海峡を見ると神代の昔が思われる」
と、神代の昔から大宰府政庁への往来に
この海峡を通ってきたのだという感慨をうたったものです。

歌碑は、大宰府政庁からまっすぐ南に200m、
御笠川の北岸にあります。