記事一覧

太宰府市民遺産展 開幕

■『認定 太宰府市民遺産』展が開幕しました。
 本日より太宰府市民遺産展『認定 太宰府市民遺産』が開幕しました。新たに仲間入りした『万葉集つくし歌壇(大宰府万葉会)』と『太宰府における時の記念日の行事(辰山会)』をメインに据え、既に認定を受けていた4つの市民遺産の育成活動の報告、さらには市民遺産の基盤を支える文化遺産調査ボランティア活動の報告を加えた7つのテーマによって構成される展示を行っています。
 本日、午後12時30分より、太宰府市文化ふれあい館多目的ホールを舞台に、開会式典が開催されました。式典では、主催者を代表し太宰府市教育委員会 關教育長が、また市民遺産認定団体を代表し、太宰府市景観・市民遺産会議 青柳副議長が、開式にあたっての挨拶を行いました。
ファイル 22-1.jpg
 開会式典の後、会場を展示室へ移し、展示内容の解説が行われています。
ファイル 22-2.jpg
●市民遺産展案内
ファイル 22-3.jpg
 太宰府市民遺産の真髄を語る展示です。是非、一度ご覧ください。会期は、平成24年8月19日までで、入館無料です。なお、休館日は、毎週月曜日です。ご注意ください。