記事一覧

八朔の千燈明が行われました。

毎年9月1日、五条区では太宰府天満宮に献灯する
八朔の千燈明行事が行なわれます。

これは、およそ150年前の江戸時代後期に
流行り病で多くの人が亡くなったために
五条の人々が太宰府天満宮に願立てしたところ、
病人が出なくなったことから、
そのお礼と今後の疫病除けを願って
八朔の日(旧暦の八月一日)に献灯するように
なったと伝えられています。

ファイル 216-1.jpg

当日は、夕方に降り出し中止の心配もありましたが
みんなが五条公民館に集合する時間には
ちょうど雨が止み、無事に開催できました。

ファイル 216-2.jpg
▲公民館からさいふまいりの道を通って太宰府天満宮まで歩きます。

ファイル 216-3.jpg
▲本殿前でのお祓いのようす

ファイル 216-4.jpg
▲本殿からいただいた御神火の火をロウソクに移し…

ファイル 216-5.jpg
▲楼門前の石畳沿いに並べた燈明に火を灯していきます。

今年は、新型コロナウイルスの影響により、
例年参加していた子ども会は参加しないことになりましたが
五条区自治会長をはじめ区の役員を中心に
いつもより規模を縮小して行われました。

参加者の「疫病退散!」の願いが届き、
来年は子どもたちも参加できるといいですね

#太宰府 #市民遺産 #八朔 #千燈明 #疫病除け