記事一覧

令和元年「八朔の千燈明」行事リポート②

前の記事はこちら

太宰府天満宮についたら、
楼門前から太鼓橋までの間に
燈明を並べます。
ファイル 184-1.jpg
土台はかまぼこ板、
その真ん中に空けられた穴に
ろうそくを立てて、
最後に空きペットボトルを加工した
風よけを付けます。
ファイル 184-2.jpg
並べ終わったら、
地域の古老から行事のいわれを
聞かせてもらいます。
ファイル 184-3.jpg
太宰府天満宮の神職によるお祓いを受け、
それから、本殿のご神燈をいただきます。
ファイル 184-4.jpg

さぁ、いよいよ点灯です!

つづく