記事一覧

万葉集特別講演会のお知らせ

市民遺産第5号「万葉集つくし歌壇」を育成する
大宰府万葉会による講演会のお知らせです。
ファイル 174-1.jpg

◆万葉集特別講演会―国府と大宰府と―◆
講師:上野 誠先生(奈良大学教授)
日時:令和元年7月13日(土) 14:00~16:00
場所:太宰府館 3階まほろばホール
参加費:2,000円
問合せ先:太宰府館 TEL092-928-8700

令和元号記念「万葉への誘い展」

ファイル 173-1.jpg

新元号令和にゆかりの深い太宰府の万葉にちなんだ展示を
市民遺産第5号「万葉集つくし歌壇」を育成する
大宰府万葉会さんが開催します。

◆令和元号記念~万葉への誘い展~
期間 令和元年7月2日(火)~8月2日(金)
場所 太宰府館2階ギャラリー
   (太宰府市宰府3丁目2番3号)
観覧無料

万葉集講座のお知らせ

市民遺産第5号「万葉集つくし歌壇」を育成する
大宰府万葉会では、毎月専門の先生を招いて
万葉集の講座を開催しています。

今回は、京都大学大学院准教授の佐野宏先生を迎えて
『万葉集』巻五の大伴旅人と山上憶良の
情深い歌の世界を学びます。

日時:令和元年6月8日(土)14:00~16:00(開場13:30)
場所:太宰府館まほろばホール(太宰府市宰府3丁目2-3)
当日参加費:2,000円

問い合わせ:太宰府館
      TEL092-928-8700 FAX092-918-8701
ファイル 170-1.jpg

万葉集講座のお知らせ

ファイル 167-1.jpg

市民遺産第5号「万葉集つくし歌壇」を育成する大宰府万葉会では、
毎月専門家を招いての万葉集講座を開催しています。

今回は、当初の予定を変更して、新元号「令和」にちなみ
その典拠となっている「梅花の歌三十二首并せて序」について
解説をしてもらいます。

■万葉集講座
講師 京都大学大学院准教授 佐野 宏 先生
日時 令和元年5月11日(土) 14時~
場所 太宰府館3階まほろばホール
参加費 2,000円
申込・問合せ 太宰府館
       TEL092-918-8700
       FAX092-918-8701

新元号「令和」のゆかりが『万葉集』の梅花の宴!

4月1日に、新元号「令和」が発表されました。
なんとその典拠は、
『万葉集』巻五の梅花の歌の序文。

梅花の歌は天平二年(730年)に、大宰帥・大伴旅人が
自邸で催した梅の花を題材に歌を詠む宴で詠まれた歌32首です。
つまり、大宰府で実際にあった出来事が
新元号のゆかりとなっていることになります。

新元号発表以来、大宰府政庁周辺にはたくさん方が
ゆかりの地を訪ねていらっしゃっています。

また、市民遺産第5号『万葉集つくし歌壇』を育成する
大宰府万葉会も連日テレビや新聞の取材に
引っ張りダコとなっています。

関連の記事はコチラです▼
新元号は大宰府が由来、驚き 関係者「とてもうれしい」(西日本新聞)
「万葉集、ぜひ典拠に」願いかなう ゆかりの太宰府(朝日新聞デジタル)
福岡・太宰府で「令和」典拠の「梅花の宴」再現(日刊スポーツ)
万葉集の「梅花の宴」再現 「令和」ゆかりの太宰府(朝日新聞デジタル)(動画)

他にもたくさんございますがまた改めてご紹介できたらと思います。

太宰府へお越しの際は、
ぜひ、ゆかりとなった梅花の宴で詠まれた歌をはじめ、
筑紫歌壇の万葉歌碑をめぐって
古代歌人たちの息吹を感じてみてください。

●万葉歌碑マップ(googleマップにアクセスします)

#太宰府市民遺産#万葉集#梅花の宴#令和

「梅花の宴」のお知らせ

市民遺産第5号「万葉集つくし歌壇」の
育成活動の中でも一大イベントのひとつといえる
「梅花の宴」が今週末開催されます。

第23回大宰府万葉「梅花の宴」
日時 平成31年2月9日(土) 10:00~15:30
場所 太宰府館(太宰府市宰府三丁目2番3号)

梅花の宴とは、天平二年(730)に大宰帥大伴旅人の邸宅で
催された梅を題材に歌を詠む宴のことで、
招かれた大宰府管内諸国の官人ら31人と旅人の歌、
その32首が『万葉集』に収められています。

当日は、新作となる「万葉花かるた」で遊ぶかるた会と、
きらびやかな万葉衣装を身にまとって、梅花の宴で詠まれた歌を
朗唱するステージ、最後は天満宮参道でのパレードが行われます。

ぜひ、万葉の雰囲気を感じにお越しください。

▼昨年のもよう
ファイル 160-1.jpg
ファイル 160-2.jpg

梅花の宴が開催されました。

ファイル 150-1.jpg
2月10日(土)、毎年恒例の「梅花の宴」が
大宰府万葉会によって行われました。
ファイル 150-2.jpg
ファイル 150-3.jpg

ページ移動