記事一覧

かるかや物語を伝える会の活動報告と行事のご案内

市民遺産第9号「苅萱の関跡とかるかや物語」を育成する「かるかや物語を伝える会」から活動報告と行事案内です。

活動報告

 ①H28年1月20日(水)例会・勉強会・会員表彰
  a)H26年度、H27年度の活動報告
  b)刈萱の関祉碑の管理と活用について
  c)「かるかや物語」のモデルについての研究発表
  d)著名な活動奉仕者に対する感謝状授与
  e)年間通信費の徴収

 ②H28年4月16日(土)14:00~16:00
  勉強会・会員発表(太宰府市文化ふれあい館)
  発表者:杢尾幹雄
  演題:「加藤左衛門尉繁氏のモデルは一遍上人だった」
  演者の一遍上人にたどりつく糸口は六国の大守。
  鎌倉時代、太宰府に地縁のある人。
  素晴らしい着想と展開に参加者(61名)は感動に包まれた。

今後の活動予定

 ③行事案内:9月の予定で勉強会
  a)かるかや物語の紙芝居オリジナル作品発表
   文:高瀬美代子さん 絵:筑陽学園高等学校美術部
  b)「かるかや物語」の科学的分析:会員発表

.

✿事務局✿

「苅萱の関跡とかるかや物語」講演会のお知らせ

平成26年に第9号太宰府市民遺産として認定された
「苅萱の関跡とかるかや物語」の講演会が開催されます。

ファイル 118-1.jpg
(長野・西光寺の苅萱道心像)

日時:平成28年4月16日(土)14時~16時
場所:文化ふれあい館 実習室
内容:「苅萱道心のモデルは一遍上人だった!」
   -長野善光寺とその周辺のかるかやをみる-
講師:杢尾幹雄さん(かるかや物語を伝える会)
参加費:無料・申込不要

問い合わせ:景観・市民遺産会議事務局(文化財課)
TEL 092-921-2121(内線472)

皆さま、お誘い合わせのうえお越しください。

.

✿事務局✿

講演会「苅萱道心と石堂丸の伝説」開催のご案内

現在、太宰府市文化ふれあい館の多目的ホールにて開催中の太宰府市民遺産展の関連イベントとして、下記の講演会を開催します。

今年3月に新たに市民遺産に加わった「苅萱の関跡とかるかや物語」に関連する講演です。

■講演会「苅萱道心と石堂丸の伝説」
講師:弓削淳一(福岡市立香椎第1中学校指導教諭/九州大学大学院博士後期課程)
日時:平成26年8月30日(土)14:00~16:00
場所:太宰府市文化ふれあい館(太宰府市国分4丁目9-1)
備考:無料。当日申込可※

※資料の準備の都合上、事前に参加のご連絡をいただけると助かります。
問い合わせ先:太宰府市教育委員会文化財課
       TEL092-921-2121(内線470)
       FAX092-921-3667

苅萱の関跡の石碑周辺の手入れ

市民遺産第9号「苅萱の関跡とかるかや物語」を育成する「かるかや物語を伝える会」のみなさんが、
苅萱の関跡の説明碑の文字が薄くなってたいへん読みづらいので、
5月25日に墨入れ作業をしました。

まずは、刻まれた文字につまった汚れをハブラシで落とす作業から。
ファイル 76-1.jpg

続いて、文字に墨を入れていきます。
最初に、最年長の方に、大事なタイトル部分を。
ファイル 76-2.jpg

その後、メンバーが交代で墨を入れていきました。
通りがかりの近所の方にもご協力いただきました。
ファイル 76-3.jpg

しゃがみこんでするので腰が痛くなり、この日は、2行目まで。
ファイル 76-4.jpg

今後も数回に分けて、墨入れ作業をしていきます。
説明文がすべて読めるようになるまで、もうしばらくお待ちください。

※この作業は、管理者である太宰府市観光経済課の許可を得て行っています。

学文路郵便局の風景印

この春、新たに太宰府市民遺産として認定された
市民遺産第9号「苅萱の関跡とかるかや物語」に
関係する市外の文化遺産として、
和歌山県橋本市にある学文路苅萱堂(かむろかるかやどう)があります。
学文路苅萱堂は、石童丸の母親・千里が葬られた寺として有名です。

このたび、学文路郵便局の風景印の意匠図案に、
苅萱道心と石童丸親子が採用されたそうで、
地元の学文路苅萱堂保存会が方からお便りが届きました。
ファイル 74-1.jpg

このスタンプをいただくには、
学文路郵便局の窓口で直接お願いするか、
郵送で依頼をする「郵頼」という方法があるそうです。
(詳しくは日本郵便のホームページをご覧ください。)

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ