記事一覧

太宰府市民政庁まつりで、市民遺産のPRをおこないました!

令和元年10月5日(土)、太宰府市民政庁まつりの会場内にて
太宰府市民遺産のPR活動をおこないました。
ファイル 188-1.jpg
▲ミニパネル展示を見ながら解説を聞いていただきました。
ファイル 188-2.jpg
▲太宰府市民遺産PVも多くの方にご覧いただきました。

ステージでのPRでは、梅香苑夏まつり子どもみこしと、
「太宰府の梅上げ行事」を育成する太宰府梅ばやし隊が出演し、
会場内を練り歩きました。
ファイル 188-3.jpg
ファイル 188-4.jpg

このほか、木うその絵付け体験や太宰府梅ばやし隊による
三味線体験もあり、どちらも大好評でした。

来年2月29日(土)には、「だざいふ景観・市民遺産フェスタ」を
太宰府館にて開催しますので、ぜひ、お楽しみに!

#市民遺産

太宰府市民政庁まつりでPRします!

2019年10月5日(土)にとびうめアリーナ(太宰府市総合体育館)で開催の太宰府市民政庁まつりにて、
太宰府市民遺産のPRブースとステージ出演をおこないます。

PRブースの場所は建物2階のアリーナ内。
体験コーナーをまわるスタンプラリーも開催します。

ステージ出演は、13:50~14:05頃で、
市民遺産第10号「太宰府の梅上げ行事」と
市民遺産第14号「梅香苑夏まつりこどもみこし」の
育成団体による実演です!!

ぜひ、お出かけください。

太宰府市民遺産パネル展in太宰府館を開催中です

太宰府天満宮参道から横に入った通り・小鳥居小路(ことりいしょうじ)にある太宰府館2階ギャラリーにて、認定されている太宰府市民遺産を紹介するパネル展示を開催中です。

1階にある大画面モニターでは、太宰府市民遺産とはどういったものか、を説明するムービーも放映しています。

ぜひ、お立ち寄りください。
ファイル 186-1.jpg
パネル展の開催は10月11日(金)までです。
太宰府館は10時~18時開館、水曜休館です。

令和元年「八朔の千燈明」行事リポート③(終)

行事リポート①
行事リポート②

いただいたご神燈の火を使って
燈明に火を灯すと・・・
ファイル 185-1.jpg
▲燈明は、楼門前から太鼓橋の手前までの両脇に並べられています。
昔はここを行ったり来たりしてお百度参りをしたとの話もあります。
ファイル 185-2.jpg
ファイル 185-3.jpg
▲ペットボトルの風よけは平成20年代に付けるようになりました。
さらに、その周りにイラストを入れた紙を貼るようになって、
今では太宰府市民遺産のロゴマークが使われています。

30分ほど点灯したのち、片付けに入りました。
ファイル 185-4.jpg
▲子どもたちが競って火を消していき、あっという間に火は消されました。

おまけ
ファイル 185-5.jpg
▲太宰府天満宮から子どもたちに配られたおこし

今年の参加人数は、大人22名、子ども38名でした。

令和元年「八朔の千燈明」行事リポート②

前の記事はこちら

太宰府天満宮についたら、
楼門前から太鼓橋までの間に
燈明を並べます。
ファイル 184-1.jpg
土台はかまぼこ板、
その真ん中に空けられた穴に
ろうそくを立てて、
最後に空きペットボトルを加工した
風よけを付けます。
ファイル 184-2.jpg
並べ終わったら、
地域の古老から行事のいわれを
聞かせてもらいます。
ファイル 184-3.jpg
太宰府天満宮の神職によるお祓いを受け、
それから、本殿のご神燈をいただきます。
ファイル 184-4.jpg

さぁ、いよいよ点灯です!

つづく

令和最初の八朔の千燈明が開催されました。

雨の心配もありましたが、9月1日、無事に八朔の千燈明が行なわれました。

ファイル 183-1.jpg

行事のリポート①
ファイル 183-2.jpg
▲午後7時、五条公民館の前に子どもたちが集まります。
今年は五条1組~3組の子どもたちが参加です。
ファイル 183-3.jpg
ファイル 183-4.jpg
▲「さいふまいり」の道を通って太宰府天満宮へ向かいます。

つづく

八朔の千燈明のお知らせ

市民遺産第2号「八朔の千燈明」の行事が開催されます。

日時・場所
   令和元年9月1日(日)
    集合 午後7時(五条公民館)
    点灯 午後8時(太宰府天満宮楼門前~太鼓橋)

ファイル 182-1.jpg
▲平成29年の八朔の千燈明のようす

◆八朔の千燈明(はっさくのせんとうみょう)
 江戸時代、太宰府ではやり病が起こり、
たくさんの人が命を落としました。
 そのとき、五条の人々が太宰府天満宮に願い立てをし、
病人が出なくなったということです。
 人々は、そのお礼として、八朔の日(旧暦の八月一日)に
太宰府天満宮に灯明を献ずるようになったといいます。

 戦前、この行事の担い手は地元の青年団の若者たちで、
五条の一大行事だったと伝えられています。
 戦中戦後の一時期、行事は途絶えましたが、
昭和38年に当時の区長の発案で復活し、
現在、五条区の行事として、半世紀近く続いています。

▼太宰府市民遺産Facebookページを開設しました!
https://www.facebook.com/DazaifuCivilheritage/

ページ移動