記事一覧

第5回太宰府市景観・市民遺産会議を開催しました

平成27年2月21日、九州国立博物館ミュージアムホールにて
第5回太宰府市景観・市民遺産会議を開催しました。

○プログラム
1. 第1回だざいふ景観賞表彰式
2. 認定市民遺産の育成活動報告
・「苅萱の関跡とかるかや物語」
 育成団体:かるかや物語を伝える会
3. 市民遺産候補の提案
・候補1「太宰府の梅上げ行事」 
  提案団体:太宰府梅ばやし隊
・候補2「高雄の自然と歴史」
  提案団体:高尾山の自然と歴史を語り継ごう会
4. 市民遺産関連ステージ
・筑前琵琶「苅萱物語」(かるかやものがたり)
 演奏:寺田蝶美
5. 市民遺産認定書授与式

今回は冒頭に、平成26年度に太宰府市が新たに創設した「だざいふ景観賞」の第1回表彰式が行われました。

昨年に市民遺産第9号に認定された「苅萱の関跡とかるかや物語」
の育成活動状況を、育成団体の「かるかや物語を伝える会」が
報告しました。
石碑周辺の美化活動や、関連の文化遺産をめぐるツアーを
行なったことなどが紹介されました。

ファイル 23-1.jpg
ファイル 23-2.jpg
 市民遺産候補の提案では、それぞれの団体が創意工夫を凝らしたプレゼンを展開し、いずれも会議委員の全会一致で認定が採決されました。

市民遺産関連ステージとして、「苅萱の関跡とかるかや物語」の市民遺産認定をきっかけに生まれた筑前琵琶曲「苅萱物語」を作者の寺田蝶美さんに演奏していただきました。
ファイル 23-3.jpg

また、会場前ではその他市民遺産と育成活動状況がパネル展示で紹介されました。