記事一覧

第4回景観・市民遺産会議

平成26年3月22日、九州国立博物館ミュージアムホールにて
第4回景観・市民遺産会議を開催しました。

○内容
1. 平成24年度認定市民遺産の育成活動報告
・市民遺産第7号「隈麿公のお墓」
  育成団体:榎文化保存会
・市民遺産第8号「太宰府の絵師 萱島家」
  育成団体:絵師萱島家保存会

2. 市民遺産候補の提案
・「苅萱の関跡とかるかや物語」
  提案団体:かるかや物語を伝える会

3. アトラクション~市民遺産を物語るうた~
・万葉集つくし歌壇
・太宰府における時の記念日の行事

ファイル 22-1.jpg
今回新たに市民遺産として提案されたのは、
太宰府市坂本の関屋交差点付近にあったとされる
「苅萱の関跡」と、その関守にまつわる伝説、
「かるかや物語」について。
地元の坂本区・通古賀区の住民で結成された
かるかや物語を伝える会によって提案され、
委員満場一致で市民遺産第9号に認定されました。

ファイル 22-2.jpg
アトラクションタイムでは、市民遺産に関するうたとして、
「万葉集つくし歌壇」と
「太宰府における時の記念日の行事」から
和歌および歌の紹介がありました。