記事一覧

令和元年度第2回全体会議・新認定市民遺産のご報告

令和元年8月26日、第2回全大会議を開催し、
育成団体・四王寺山勉強会より提案された
「四王寺山の三十三石仏」を、
太宰府市民遺産第15号に認定しました。

ファイル 29-2.jpg
▲四王寺山勉強会による提案のようす
ファイル 29-3.jpg
▲会議による認定採決のようす

四王寺山勉強会は、市民遺産第3号「かつてあった道 四王寺山の太宰府町道」の育成団体でもあり、
初めて2つの市民遺産の育成することとなります。

太宰府市民遺産第15号
「四王寺山の三十三石仏」
今から220年あまり昔の寛政年間に、
博多で大火事や自然災害、疫病流行などの
凶事が続いたことを機に、博多の人々が発起し、
太宰府、宇美の人々も協力して四王寺山につくられた
「西国三十三ヶ所観音霊場」を模した観音霊場。
この成立の物語と、33体の石像群、
それらを見守り活動やウォーク開催等を通して
守り伝えていきます。

このほか、当日の会議の内容は以下のとおりです。
◆令和元年度第2回全体会議
1、太宰府市民遺産の提案
 ・市民遺産候補「四王寺山の三十三石仏」
  提案団体:四王寺山勉強会
2、だざいふ景観・市民遺産フェスタについて
3、令和2年度の年間計画について
報告事項
4、市民政庁まつりほか広報活動について
その他
5、その他
(1)市民遺産新規提案の予定
(2)市民遺産育成活動報告
(3)その他

今年度の「景観・市民遺産フェスタ」の開催日・会場を
確定しました。
 開催日 令和2年2月29日(土)
 会 場 太宰府館
イベント詳細は、今後、企画専門部会で練り、ホームページやちらし等でお知らせします。

▼太宰府市民遺産Facebookページを開設しました!
https://www.facebook.com/DazaifuCivilheritage/

令和元年度第1回全体会議

令和元年6月6日、今年度第1回目の全体会議を開催しました。

※昨年度、会議の会則と作業指針を改正し、
委員全員が集まって会議する場を「全体会議」、
これ以外に任意で集まった委員が
主に市民遺産の広報等について話し合う場を
「企画専門部会」と位置づけています。

6月6日の会議内容は以下のとおりです。

◆令和元年度第1回全体会議
1、新任委員紹介・事務局紹介
2、会議の趣旨説明
3、報告事項
(1)平成30年度太宰府市景観・市民遺産会議事業報告
  ①企画専門部会・全体会議開催実績
  ②太宰府市民遺産広報活動
  ③だざいふ景観・市民遺産フェスタ2019開催報告
(2)平成30年度太宰府市民遺産関連事業費報告
4、議事
(1)令和元年度太宰府市景観・市民遺産会議事業計画
  ①太宰府市民遺産関連事業費について
  ②太宰府市景観・市民遺産会議の年間計画について
(2)広報活動について
  ・Facebook等での情報発信について 
5、その他
(1)市民遺産候補について
 ・「四王寺山の三十三観音霊場」(仮称)
   提案団体:四王寺山勉強会
(2)その他、連絡事項等

この全体会議に先立って5月8日におこなった企画専門部会で
提案された、子どもを対象とした絵画コンテストの開催と、
SNSのFacebookを活用した情報発信の実施が決まりました。
また、昨年度同様に「景観・市民遺産フェスタ」を開催し、
新元号「令和」にちなみ市民遺産第5号「万葉集つくし歌壇」の
「梅花の宴」を絡めて開催する案が出されました。
フェスタの詳細は、今後、企画専門部会で練っていきます。

▼太宰府市民遺産Facebookページを開設しました!
https://www.facebook.com/DazaifuCivilheritage/

平成30年度景観・市民遺産会議

平成30年9月19日、景観・市民遺産会議を開催し、
梅香苑区自治会から提案された
「梅香苑夏まつり子どもみこし」を
太宰府市民遺産第14号に認定しました。

梅香苑の子どもみこしは、今から40年近く前に、梅香苑の子どもたちに故郷の思い出を残してやりたいという思いで始められたもので、毎年8月第1土曜日、地域の人たちの手作りの神輿を中心に、鐘、大うちわなどを持った子どもたちが、沿道からの力水を浴びながら、区内を練り歩きます。
ファイル 27-1.jpg

このほか、会議では例年認定会議をおこなっている2~3月ごろに
太宰府市民遺産の広報普及をメインとしたイベントの開催が
話し合われました。
イベントの詳細は決まり次第お知らせします。

第8回太宰府市景観・市民遺産会議を開催しました。

平成30年2月3日、太宰府館まほろばホールにて
第8回太宰府市景観・市民遺産会議を開催しました。

新たに、「太宰府をうたう♪全11曲(作曲・唄 岩崎記代子)」を太宰府市民遺産第13号に認定しました。

○当日のプログラム
〈第1部〉 第4回だざいふ景観賞表彰式

〈第2部〉 第8回太宰府市景観・市民遺産会議
・太宰府市民遺産とは?
  太宰府市景観・市民遺産会議事務局より

・太宰府市民遺産候補の提案・審議・認定採決
 「太宰府をうたう♪全11曲(作曲・唄 岩崎記代子)」
 提案団体: 岩崎記代子と「赤い鳥」と「夢みらい」

・太宰府市民遺産活動発表
 発表団体:大宰府万葉会

・太宰府市民遺産認定書授与式

第7回太宰府市景観・市民遺産会議を開催しました

平成29年3月18日、太宰府館まほろばホールにて
第7回太宰府市景観・市民遺産会議を開催しました。

○プログラム
【午前の部】
・景観・市民遺産を歩く1.
市民遺産第3号「かつてあった道 四王寺山の太宰府町道」を歩く
大町公園~太宰府町道~四王寺村~太宰府館
案内:育成団体 四王寺山勉強会

【午後の部】
1、第3回だざいふ景観賞表彰式
・だざいふ景観大賞・市長賞 「観世音寺」
・景観賞 「小野筑紫堂 お庭」
・特別賞 「内山の赤煉瓦壁のある農村風景」

2、太宰府市景観・市民遺産会議
・前年度認定太宰府市民遺産育成団体による過年度報告
第12号 太宰府悠久の丘
発表者:(公財)太宰府メモリアルパーク

・太宰府市民遺産の活動発表>
・紙芝居『かるかやのせき 石童丸ものがたり』
話者:かるかや物語を伝える会
・「木うその世界」
発表者:太宰府木うそ保存会
・「冨永朝堂が歩いてきた道」
発表者:NPO法人歩かんね太宰府

・景観・市民遺産を歩く2.
「参道界隈を歩く」
  市民遺産(朝堂作御神牛、万葉歌碑、梅上げ植樹地)
  景観重要建造物(小田家、甘木屋)
  だざいふ景観賞(小野筑紫堂お庭、参拝隧道)

今回の会議では、新たな市民遺産の提案はなく、昨年認定された市民遺産第12号「太宰府悠久の丘」の育成活動報告を育成団体の(公財)太宰府メモリアルパークがおこなったほか、各市民遺産のステージ発表がなされました。この他に、会議の前と後に現地をめぐるウォークを開催しました。

第6回太宰府市景観・市民遺産会議を開催しました

平成28年3月13日、九州国立博物館ミュージアムホールにて
第6回太宰府市景観・市民遺産会議を開催しました。

○プログラム
1. 第2回だざいふ景観賞表彰式

2. 認定市民遺産の育成活動報告
・市民遺産第10号「太宰府の梅上げ行事」
市民遺産育成団体:太宰府梅ばやし隊

・市民遺産第11号「高雄の自然と歴史」
市民遺産育成団体:
高尾山の自然と歴史を語り継ごう会

3. 市民遺産候補の提案
・候補「太宰府悠久の丘 ~メモリアルパークからの眺望~ 」
提案団体:太宰府メモリアルパーク

4. その他の市民遺産の育成活動発表
・市民遺産第5号「万葉集つくし歌壇」
育成団体:大宰府万葉会

・市民遺産第9号「苅萱の関跡とかるかや物語」
育成団体:かるかや物語を伝える会

5.市民遺産候補の質問・意見、認定採決

6.太宰府市民遺産認定書授与式

新たに、「太宰府悠久の丘 ~メモリアルパークからの眺望~」が太宰府市民遺産第12号に認定されました。

第5回太宰府市景観・市民遺産会議を開催しました

平成27年2月21日、九州国立博物館ミュージアムホールにて
第5回太宰府市景観・市民遺産会議を開催しました。

○プログラム
1. 第1回だざいふ景観賞表彰式
2. 認定市民遺産の育成活動報告
・「苅萱の関跡とかるかや物語」
 育成団体:かるかや物語を伝える会
3. 市民遺産候補の提案
・候補1「太宰府の梅上げ行事」 
  提案団体:太宰府梅ばやし隊
・候補2「高雄の自然と歴史」
  提案団体:高尾山の自然と歴史を語り継ごう会
4. 市民遺産関連ステージ
・筑前琵琶「苅萱物語」(かるかやものがたり)
 演奏:寺田蝶美
5. 市民遺産認定書授与式

今回は冒頭に、平成26年度に太宰府市が新たに創設した「だざいふ景観賞」の第1回表彰式が行われました。

昨年に市民遺産第9号に認定された「苅萱の関跡とかるかや物語」
の育成活動状況を、育成団体の「かるかや物語を伝える会」が
報告しました。
石碑周辺の美化活動や、関連の文化遺産をめぐるツアーを
行なったことなどが紹介されました。

ファイル 23-1.jpg
ファイル 23-2.jpg
 市民遺産候補の提案では、それぞれの団体が創意工夫を凝らしたプレゼンを展開し、いずれも会議委員の全会一致で認定が採決されました。

市民遺産関連ステージとして、「苅萱の関跡とかるかや物語」の市民遺産認定をきっかけに生まれた筑前琵琶曲「苅萱物語」を作者の寺田蝶美さんに演奏していただきました。
ファイル 23-3.jpg

また、会場前ではその他市民遺産と育成活動状況がパネル展示で紹介されました。

ページ移動